スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫の七五三

43哩子・佳子<br />七五三まとめ

腰痛でうなり、風引きぎみではや4,5日経ってしまった。
腰痛はやはり整体にいかないと治らない。

京都へ紅葉を見にいったけど、まだ早かったのか青いモミジがいっぱいで
そうかと思えば紅くならないで枯れていくもみじが多かった。

醍醐寺と光明寺へいってみたが、全然ダメな紅葉であった。
しかたなく孫の七五三の写真を撮る。
「じいちゃんもう帰っていいよ。」悪態をついていた下の孫も神妙である。
それにしても姉妹なのに、こうも顔が違うのも珍しや。
あたまはママの作、着物の着付けは京都のばーば、手とか足の仕草はじいちゃん作。

じーじ、ばーばといえば山科のおじいちゃん、おばあちゃんのこと。
おじいちゃん、あちゃまといえば新居浜の祖父母。
やさしいのがじーじ、ばーばであって、そうでないのとちゃんと区別をしているのが現代的。
知らぬ間に7歳と3歳に成長している。

スポンサーサイト

ユリの養生鉢

34ユリの鉢仕込み

ユリの芋も毎年自然消滅するのか、10球ほどの追い足しをしないといけないが、どうも
その倍ほど球根を買っているように思う。高価なユリほど長くもたない。
今年もヤマユリが植え替えしなかったのがよくなかったのか一鉢しか花が咲かなかった。

今年は来年に向け大小あわせたら66鉢に膨れてしまった。
案の定女房にキツイ査察があった。云われるその通りである。もう来年は買うまいと決意。
でも来年になって新種が出てきたりしたら買うかも・・。

このあいだ京都へいったときホームセンター(D2)で見つけんでもええのに目にはいって
6球買ってしまったのが余計。3鉢増えるハメになった。
でも来年4月に芽が出てくるとわくわくするのである。花が咲くときよりも芽が出るときの
ほうがドキドキする。

用土はまさ土1、赤玉土1、腐葉土1、焼きもみ殻0.2、肥料はマグアンプK、骨粉入り
油かすを適量混ぜ、固形油かすを4個埋めている。そして液肥を4月、6月くらいに施す
ようにしている。

興味のあり方

ケネディー大使が天皇陛下とお逢いするのに、馬車に乗って到着するまで
みんなはケネディー大使ばかりをみていただろうけど、わたしはその横で
お供をする女性警察官をずっと見ていた。

キャリア組であろうこの40歳代の婦人警官は、悪党が近づいてきたとき
ケネディー大使の盾となって、ハンドバッグに忍ばせたピストルをおもむろに
取り出し応戦するのだろうなと、想像をめぐらしていた。

ただのお供だったりしたらガッカリだね。

ネギとルッコラ、クレソンの群生

35ルッコラとネギ

高知朝市で必要以上に買ってきたネギ。この鉢に植えてまだあと3つの鉢に植えた。
株ばっかりだったのがあっという間に伸びてきた。どしどしネギを食べなければいけない。
自分で蒔いた種は刈らねばならぬ。辛い!

その向こうに見えているのは、数年前に植えていたルッコラとクレソン。
こぼれ種がそのままほっていたら新しく新芽が出てきて、毎朝のサラダの具になる。
朝のサラダはクレソン、ルッコラ、玉葱、ニンジン、サラダ菜にペッパーと少しのマヨ
ネーズで和えたものがもう10年以上続いている。それに加えて、今は柿とバナナ、
夏場はモモ、ブドウ、ナシなどに変わる。

さてちょっと京都まで。七五三の仕事、仕事。

自作の腐葉土

41自作腐葉土

去年のケヤキの落ち葉を集めて、ほったらかして腐葉させて1年がたちました。
箱の大きさは2m×1.2m×高さ1mで、今回は落ち葉ともみ殻とヌカをばらまき
積み重ねただけのものです。

ほんとうは途中で一回上下を混ぜ合わせるのがベターなのですが、今年はサボって
しまってそのままでほったらかしでした。案の定、上半分の落ち葉の分解は60パー
セントしか進んでおりませんでした。

いまは混ぜ合わせておりますので下の完全腐葉と適当に混ざり、それなりの腐葉土に
なっております。これで小分けにしてまた来年まで置くと完全に腐葉土に生まれ変わり
ます。この量で一般の小売腐葉土の大きさにしたら約100表くらいになります。

これで来年一年の腐葉土はありあまるくらいで十分足ります。

沖縄のみかん

40シークワーサ

沖縄産のみかん「シークワーサ」を買ってきて2年、3個くらい実がついていた。
しかし、業者が温室などで育ててホームセンターへ出荷して、実がなろうがならなかろうが
知ったこっちゃないというのだろうなあと思いながら買った。

が、さにあらんや次の年すなわち今年、10個の実が実った。(普通の環境に置いてである。)
十分に内地の気候に適応したシークワーサであった。でも本当のシークワーサがどのくらいの
大きさになるのか知らないが、うちで育ったものはピンポン玉くらいでとてもミカンとはいえ
ないくらい酸っぱい。それになにか沖縄独特の匂いと味がする。わたしは好きではない。

いまうちの庭に鉢植の柑橘類は、からたち、ぽんかん、かぼす、マイヤーレモン、ゆず(すだち
と思って買ったら今年実をつけたらユズだった。)、シークワーサ、仏手柑(ぶっしゅかんといい
大仏の手のような実がなる。)、小原紅早生みかん(金太郎みかん)の8種類。
その他、土地植えでキンカンと普通のレモンがある。

これで柑橘類はおわります。

植木鉢で育てる柑橘類

38鉢植え柑橘
写真の柑橘はレモンの一種で「マイヤーレモン」という品種です。
柑橘類を土地で育てないで植木鉢で育ててみようと思い立ったのは、今治朝倉の
タオル美術館でレモンやミカン類をおおきな植木鉢で育てているのを見たからだ。

一年目はまったく実はつかなかった。二年目に3つの実をつけた時は嬉しかった。
やっと3年目でこれくらいの実をつけたが、木の大きさに対しては付け過ぎだと
指摘されそう。これくらいのときは摘果をするのがもったいないと思うのだ。

こんな鉢が8個ほどあるが、すべてが種類が違う。右上奥に写っているのが「シー
クワーサー」という沖縄の産でミカンみたいなもの。これも10個ほど実がついて
いる。ほかにもユズ、カボスにも実がついている。

小さい面積の土量で実をならすには、やはり肥料が問題になると思う。
リン酸の突出した肥料はマグアンプKで、これを主流にして過燐酸石灰や骨粉入り
油粕などを与えるのが花や実を多くならすコツのような気がする。

これから何回か、うちの庭のことを記してみたいと思うのでぜひ見てください。

寄せ植え

37寄せ植え
きのう皿(30円)を買ってきて新しく寄せ植えを作ってみた。
メインはバラ(イングリッシュローズ・コーヴェデル)だが、やはり寄せ植えは
四季咲きのバラで、春・夏・秋と咲いてくれるのが最適である。

裾隠しは奥に黒竜を配し、左に今は赤い実がなっているチェッカーベリー、右は
壺サンゴ(ヒューケラ)で形どってみた。そして土の部分にコケをのせて土の
流出を止める役目がある。

皿の大きさは約17cmΦで、高さは約40cmくらい。これで来年の春は可憐な
バラの花が咲いてくれるだろう。

アロエも使いよう

33アロエの鉢作り

アロエは医者要らずだけの効用ではないことをちょっと披露。
わたしは薬局で売っている薬はあまり使わない。
打ち身・やけどはハメ焼酎、虫刺され・風呂には竹酢液、やけどや切り傷・胃薬にはアロエ、
血止めはよもぎ、マタタビは強壮剤、カリンはのど薬、まだまだあるような気がするが
これらがうちの常備薬。こんなものにお世話になりながら大きくなりました。

しかし薬以外にも使える写真のアロエは、上は門扉のところに置いてある木立仕立ての
アロエ。もう3、4年は育てているもの。下は種類の違うアロエを左から1年物、2年物、
3年物の順で3年物でやっと室内において鑑賞できる形になった。

こうして植物も何年後にこのような形になるということを頭にいれて育てるのも楽しみの
ひとつである。気の長い人はお試しあれ。

孫が骨折

29遥哉骨折

孫、小学一年生。このあいだターザンごっこをしていて、つんのめって
右腕を骨折してしまったらしい。
じいちゃんは骨折はおろか盲腸さえもまだ持ってるし体はどこも刃物で
傷つけてはいないのに。

3ヶ月ほどこんなままですごさないといけないらしい。多分腕の中が
かゆくてたまらんだろうと、竹を切ってきて「孫の手棒」を作ってやった。
右手が使えなくて不便と思うかもしれないが、彼は左利きなので大丈夫、
鉛筆も左手で持つ。

三桁の足し算や引き算が出来るらしいが、「じいちゃんもおまえくらいのとき
あたまが良くて学校の授業がバカらしくて、先生の言うことをなにも聞いて
なかったんだが、途中から自分の能力をはるか超えてしまい、授業がわから
なくなってバカになったから気をつけいよ。」と一言クギをさして別れた。