貴船の涼

16貴船2

貴船に行った日は日曜日で、その前の金曜日が大文字の送り火だった。
それで京都中がごった返していた。
土曜日に東山界隈に一人で遊びに行ったが車がまったく動かない、夏の暑い日なのに
なんでこんなに込むのと思ったものでした。帰って娘に聞いたら送り火の日が前日だった
から日本中からきたお客様がその日宿泊して次の日に繰り出したということだった。

鞍馬のほうはそうでもなかったのに、貴船に来たら入り口から車が大渋滞。一番上の
奥社まで駐車場がないので一時間くらいかけてやっと到着。
奥社で10円を投げ入れ無事を祈る。10円ではあまり効き目が薄いと思うが、戦中生まれは
神社に100円を奉じるのはどうしても抵抗があるのだ。それとも無神論者の故かも・・。

食事は大原の朝市みたいなところで買ってきて食べたあとだったので腹は減ってはいないが
川床で食べる食事は一人9000円が最低で2万円が最高、よくぞ500円の弁当で済んだ
ものよ。もしかして娘の策略かもしれない。

写真は奥社から貴船神社に降りていく遊歩道だが、ここもうんと涼しかった。

避暑地

17北山杉

この夏、一番暑い時期に京都へ行った。新居浜も暑いが京都は予想にたがわず
蒸し暑い気候で、アスファルトの上を歩いていると熱気が顔に当たる。

これはたまらんと、京都の北のほうへ一時しのぎでも涼をもとめて車を走らす。
大原から北山杉林をめざした。山一帯がきれいに下刈りがなされており、さすが
に有名な北山杉だと感心する。

平地と4~5度は違うかと思うが、小川の流れのところで大原で買った昼ごはんを
みんなで食べる。食後遊んでいると、孫がヒグラシの死にかかったのを見つけた。
あとで家の中のかも居などにとまらせるように足を一時間くらいそろえて硬化する
のを待ったが、あまりうまくいかず次の日見たら萎縮していた。努力の甲斐なし。

細い道路(国道477号線)を1時間ほどかけて鞍馬へ出る。以前鞍馬山の中腹の
鞍馬寺へ行ったことがあるので、ここはスルーして貴船へ向かう。


京都へ

14京都幸田家

京都市内から洛東山科へ引っ越して、初めて尋ねて行った。女房は引越しのとき1週間くら
い手伝いに行ってたので事情はよくわかっていたが、わたしは初めてで思わぬ広い部屋割り
にびっくりした。10畳2部屋、8畳2部屋である。贅沢過ぎるような感じ。
庭にはちゃんと一台駐車できる車庫のスペースがあるでなないか。

例の氷屋の自転車みたいなのが1台、パパと子供の自転車が1台ずつ用意されていた。

大石良雄がいたころにくらべたら山科もにぎやかな都会になっている。京都市内とは東山
三十六峰をへだてているが、ここから南禅寺までは車で5分しかかからない距離にある。

だんだんと親元へ近づいている。いい傾向だ。親元との距離は500mもない。
2日にわたって朝散歩していたら別々にご両親に会った。それほど近いのである。安心。


NHKに物申す

今日は高校野球の済美vs美恵子の試合を最期までみた。
NHKの放映に物申す。
BSOの表示はもう慣れてはきたが、やはりあの表示はSBOが順ではないか。
なんのこっちゃと云う人に解説。ストライク・ボール・アウトの表示です。
いや世界に準ずるとのことはわかるからこのことをどうこうはいわない。

それを表示する時間なのです。ストライクあるいはボールとコールがあって2秒で
テレビ画面に出すのは遅い。1秒以内にスイッチを押すプロのスイッチマンを養成
してほしい。見てて2秒かかるとイライラするのはわたしだけではないはず。

次にそのイニングが終わってすぐに得点ボードが写り出されるが、その時その下に
今日の試合の勝ち負けが表示されているはずなのだが、「置き引きやスリ~」とか
「ファールボールには気を~」とかが表示されて今日の勝敗が消されている。
これは甲子園とNHKの問題だから、打ち合わせをしっかりして、イニングが終わ
ったら10秒は消さないようにして。でないとテレビを見てる人には置き引き
がどうのなんかはまったく関係ないのだ。

それから上甲監督は少し年をとったような顔をしていたが、昨晩床屋にいったのか。
ダックアウトの端っこのほうで、斜にかまえて半分口をひらいたような顔をして
選手を見てる姿は最高にいい。まるで鍬がよく似合う田舎のお百姓さんのようだ。

安楽くんを写す暇があったら、もっともっと上甲監督を写してほしい。好きです。
鍬を持つとき、両手にツバをつけて手をもむのは百姓の仕草だ。あれも好きです。

息子が高校球児のころ、まだ上甲監督は宇和島東の監督をされていたが西条球場で
話す機会があったが、もの静かでなにか心の中に寂があるように思えたが1m80
を超える少し猫背の魅力ある男に写った。
ちょうどそのころ奥さんを亡くされたころだったようにも思える。

あの土臭いなかの一言が選手を魔法の少年に変える素晴らしい名監督だと賞賛する。

あれ?いつの間にNHKへの苦情はどこへいったのだ。



8月の朝の太陽

13朝の太陽

今の時期、太陽が東の空に顔を出す時間は朝5時30分過ぎだけど
いつもこのようにタマゴの黄身みたいな赤オレンジ色をして顔を出す。

ちょうど自転車で東を向いて進みだした頃、この光景が見える。
「おはよう今日もよろしく」と言ってペダルを漕ぎ出す。
それから50分くらい朝風を切って東へ、新居浜インターのところから
北向きになりケイズ電器の前の道を通って西へ進路をとる。
そして最後は自転車道を通って、少し運動過多かとおもわれるほどの
坂道をせっせとペダルを漕ぐ。

目の覚めるような時間帯である。ラジオ体操が家に戻るまでに間にあわないときは
途中で止まって、ラジオを聴きながら体操をする。

ところが知らぬこととはいえ、アクエリアスを飲みながら1ヶ月が過ぎたが、
定期の医者通いのとき3kgも体重が増えていた。
あれだけ運動をしているのになぜ体重がふえたのかそのときはわからなかったが
家に帰って気がついた。糖分入りアクエリアスを一日300ccくらいのんでいたからだ。
アクエリアスには2種類あって糖分があるのと、糖分ゼロと明記があるものがある。
わたしは糖分ありを買っていたのだ。あと残っている3本はどうしようか。

あわてて糖分ゼロを買いにはしったことはいうまでもないことだ。
こんどは6本いりを買わないでとりあえず2本買ってきた。これなら太らないかどうか
テストをする。