なぜ自分に巻きつかぬ

05キューリのツル

キューリが収穫出来る時期になりました。
前々から不思議に思っていたことですが、キューリはご存知のように
茎からツルを出し自分の体を支えようとその辺にあるものに巻きつかせて
保持する習性があるが、絶対に自分の茎には巻きついたのを見たことが無い。

この現象はキューリのDNA?が働くのだろうか。ツルはどこにでも巻きついても
おかしくはないと思うのだが・・・・。
これはわたしだけの七不思議の一つでしょうか。ああ、しょうもない。 

ジューンベリーの実を食す

04ジューンベリーの実A

ジューンベリーの実がたわわに実る季節になりました。
ギャング・ヒヨドリも虎視眈々と狙っているのであります。
わたしが起きる時間が5時ちょっと過ぎ、それから自宅の庭をクルクル回って
散歩をしている日課ですが、その通り道の二箇所にこのジューンベリーが実っている。

この実の味はといいますと、ブルーベリーと似ているのですが、あんなに酸っぱくは
ありません。清清しい朝の味です。

どうせヒヨドリに盗られるのであれば、朝の5時は鳥が早いかわたしが早いか競争です。
いまのところ、ヒヨドリはまだこの実を認識していないのか、食べにきてはおりません。
わたしの一人舞台です。いやいや女房も狙っているかもしれません。

この実の獲り合いで喧嘩にはなったことはありませんが・・。

開店12周年

03新緑の庭B

夫婦だけで細々と始めたアフタヌーンティの店も、この4月で満12年になりました。
13年目に向けて頑張ってみようかと話し合い、続けてみようかとなりました。。

最初の頃来て下さった方々には木々も大きくなり様変わりをしていると思います。
よかったらまた来てみてください。

いじけバラ

90いじけバラ

今年は管理が悪かったせいか、こんないじけたバラの花がたくさん見られました。
とくに鉢植えのバラに多く見られ心配しましたが、結構まともではないけど花が
開いたのには驚きです。

ちなみにこの花はイングリィッシュローズ「ウイリアムシェークスピア」でした。

臨機応変

94おもちゃ

3歳の孫が「あちゃま(京都の孫はばあちゃんのことを二人ともそう呼ぶ)この子寒そうだから
なにか着せてあげてェ」といわれ、女房がとっさに思いついたのがそこにあった孫のおむつ。

女房は家の中にあるものでも、普通はそんな使い方はしないのに臨機応変にそこに存在させ
たものが生きてくるという特技をもっている。
お客様にも「こんな使い方もあるんですね、ステキ!」とよく言われている。わたしもその点
一目おいている。

女房作の新聞紙とガムテープで作ったサッカーボールも年期のはいった色をしている。

嘆き

軽いもの同士が与え、もらった賞は重くなるはずがない。
いままでもらった方々も軽くなってしまった。

三保の松原が世界遺産に認定されたくらいと同等といえる。
世界をバカにするな渡辺!