愛媛での龍馬脱藩の道

61河辺龍馬脱藩の道01

砥部へ行くことがあったので、そうだ河辺村へ行って屋根付き橋と竜馬脱藩の道を見てこよう
と、思い立ったが吉日、砥部から広田を通って河辺へむかった。
途中の道の駅でこの道は河辺に通じているかときくと、この道は狭く対向が出来ない、五十崎
のほうへ回って登るほうがいいですよとのことだった。

広田から五十崎へ回るのはものすごく遠回りだと思ったので、直通の林道にはいる。
地元の有志にいろいろな情報をもらって勢い込んで出発したが、いまにもつんぼ道になりそう
なところを何回も越えた。昼でも薄暗く心細く走ること1時間(松山からだと2時間だ。)、
やっとのことで坂本龍馬の脱藩の道に出た。


昔の河辺村はいまは何という呼び方になっているのか。知らないくらい存在が乏しい。
昔、初めて四万十川へ行ったとき、なんとこの地区は四国のチベットだと思った。
それと同じことをこの河辺村に感じたのである。河辺村は愛媛のチベットだ。

龍馬の脱藩道路は高知だけでなく愛媛の長浜から山口県へ渡ったのだから愛媛の山間部も
かなりの距離通っているのだ。梼原で宿泊して次は河辺の旅館で泊まっている。
もうその旅館はなかったがこの辺だったという立て札があった。

屋根付き橋も見たかったが、地区が違ったのかわからなかった。薄暗い山の中でうろうろする
のが恐かったので、捜そうとも思わなかった。
帰りは教えられた五十崎のほうへまわって道の駅まで1時間くらいかかったが道は格段によかった。


コスチュームプレイ

「コスプレ」という言葉は聞いたことがあった。アニメの衣装を着るくらいの
知識しかなかったが、きょう午後貸切にしてコスプレによる撮影会が当プロヴァンスで
催された。撮影は互撮でやってたが、300カットくらい撮るらしい。

コスプレとはなんの略かと思ったら「コスチュームプレイ」だってね。
帰り際、またお願いしてもよろしいでしょうかとのこと。
そんなにうちが役立つのだろうか。
ちょっとのぞいてみたが、ターバンみたいなのを巻いていた。それが何だかわからぬ。

この歳になって初めての経験だった。まだ初体験なんて残ってたのか。
写真を載せられないのが残念!


所感

日本が変われるのは、政党ではないかもね。仮に日本維新の会が政権を
とったとしても、日本はなんら変わることはないと思うね。
(共産党ならわからないよ。)
日本の舵取りはそのすべては官僚社会が牛耳っているかなぁ。
政治家より官僚のほうがはるか頭がいいと思うよ。

だから自民党に戻ったとしても、社会が何らかわることがないと思うねえ。
ではどうすれば日本が変われるかというと、官僚たちを根こそぎチェンジだね~。
でも20年もしたら元の木阿弥になるかな。

吉田茂、池田勇人、田中角栄諸氏が懐かしいね。。
戦後の総理大臣ではこのお三人が好きである。(なにーぃという声が聞こえる。)

想像

57ゴミの看板

文字が消えたところに何が書いてあったのだろう。
「いやっ!」が普通の答えだと思う。「ダメッ!」かもしれない。

「捨てちゃった女」はいかが・・・。

橋のきれいさに驚く

55古い橋

道の駅スタンプラリーの途中、早明浦ダムから大豊ICのあいだの国道439号線にある
変わった古い橋がある。橋桁がものすごく高いので、車で森の中にいくのも躊躇した。
左の赤い屋根はモンベルのお店だった。この川でカヌーをするのか、お店のなかには
カヌーに関する品物が多かった。

右の端の川の中にカヌーをしている人が写っている。(こりゃあ見えにくいわい。)
こんな橋見たらアルプちゃんは喜ぶかもね。

わたしなら

いま原発の廃炉、存続で揺れ動いているね。
日本海大戦争が勃発したら、日本はどうなるだろうね。

わたしならこうする。

核弾頭はつけなくとも、対岸からミサイルを日本に向けて撃ち込む。
狙いは日本に散らばっている原子力発電所だ。
九州2個、四国1個、本州4個、北海道1個くらいでいいだろう。
当たれば核爆発を引き起こすではないか。

そうなれば日本中がどうなるか誰にでもわかる。
みんな被爆して相手と戦う戦闘意欲なんか生まれるはずがない。

「にいたかやまのぼれ」で真珠湾を先制攻撃したことを相手国にやられてしまう。
さあ、さっそく白旗を縫っておかないとね。