クレソンの自家栽培

151023クレソン
この鉢に植えたわけではないのに、クレソンがいっぱい。
クレソンの繁殖力ってものすごい。春に花が咲き、夏に種が出来て土地にいっぱい
落ちる。そして早くも秋に新芽が出てその横に置いていた鉢のいま現在がこの様子。

クレソンは冬から春にかけてぐんぐん成長する。どんな条件にも適合するのか、水の
ないところでも成長が早い。しかし水の中のようには太くならないのが残念!

お客様にこのまま差し上げたら、これの何百倍もの価値の物に変わって帰ってくる。
欲しいと云われない限り差し上げるものではない。
これだけあれば、一般のご家庭ではお皿の添え物にするくらいなら十分であろう。
おしたしにするにはちょいと力量不足かな。この鉢一つで年から年中クレソンが収穫
できるので、ときどきの洋食料理にはもってこいだね。これを土地に移せばグングン
広がっていきます。お一ついかが・・・。

                  いつも拍手をありがとうございます。

腐葉土作り

151206ケヤキほぼ落ちる
12月にはいってから、冬恒例の西風が吹くようになり、特にナンキンハゼの葉っぱが
どこへ飛んでいったのか道路がきれいに掃除されたかのようだ。

毎朝掃く手間が省けて大助かりだが、ケヤキは庭に落ちる。もうケヤキも8割かた落ち
てしまった。毎年この落ち葉で腐葉土を作っているが1.5×0.9m、高さ1.2mの箱
にもほぼ9割方詰まってきた。これを押し固めると7割方に凹むので、まだまだ入る。
今年はパン工場へEM菌をもらいに行くのが面倒くさいのでヌカしか混ぜていない。

この箱は取り出すときのことを考えて、短い一辺がすぽっと取り外せるように考案して
作った。材料も杉材より桧材がいいと思い高い金をはたいたが、写真でもわかるように
虫食い加減になっている。(3年ほど前一回箱の上下をひっくり返している。)ブロックの
上に載せていてもこの始末。こんなところには杉材のほうがいいかもしれない。

こんなにして腐葉土を作っても、余らし(方言?)そうな気がする。バカみたい。

ドリップコーヒーのすすめ

151206コーヒーメイク
いままで何十年も朝の飲み物はインスタントのネスカフェコーヒーであったが、去年の
夏ころからわたしが目覚め、ドリップコーヒーを点てるようになった。

20年ほど前はやってはいたが、豆を買いに行くのが面倒くさくて止めてしまった経緯が
ある。何故復活したかというと、名水100選に選ばれていた西条市の湧き水を汲みに
行くのが面倒だったが、新居浜市の中にも「つづら淵」の名水があり、安易に汲めること
を知ったからである。

カメラのレンズを掃除するブロワを何故写したかというと、銀塩時代にはこれでレンズ
ばかりでなくカメラまでマメに掃除していたが、デジタルカメラになってからはレンズも
あまり掃除しなくなったが、CCDについたゴミをフォーカルプレーンを開放状態にして
吹き飛ばすのに使っていた。

それがいまは挽いたコーヒーのカスを吹っ飛ばすのに超便利とブロワの役目が一つ
増えたのである。

朝のコーヒータイムは二人しかいないのに3.5人分点てる。(目印をいれている)取り
分はわたしが1.3人分、女房が残りの2.2人分、ネスカフェとは違うといって本当かど
うかはわからないが褒めながら飲んでくれる。

骨の髄まで

151023短くなった長靴
長靴が短靴に変身。5年ほど前に買った長靴、小川でクレソンを摘むために50cm程の
長靴でしたが、いつも車の後ろに横に倒して積んでいるので、いつも同じところがすれて
縦に折り目ができ、スリット状に破れてきた。

小川の20cmより深いところにはいるとバおーと水がはいってくるようになった。クレソン
が生えているところはだいたい30cmくらいの水深があり、使い物にならなくなった。

わたしもなぜこんなに貧乏性なんか、自分がたまらなくイヤになる。
女房はケチくさいけどこんなものはスパッとけじめがつけられるから、たいしたものだ。
わたしは20cm以下は普通に使えるので何かにならないかとすぐに考えてしまう。雨の
日に庭を歩くのはこんなになっていても大丈夫ではないか。これを捨てるときはつま先
がパカッと開いたときくらいだろう。

こんなことするわりには金は貯まらないのは何故か、不思議なことだ。

ベンガラ塗り失敗

151123ベンガラで塗ったトレリス
以前お披露目したことのあるトレリス、もう一つ作っていたものにクレオソートを塗って乾
燥後、宇治平等院が修復したときに使われたベンガラ塗りを思いだし、4年くらい前に知
人からもらっていた2缶のベンガラを取り出し、水に溶いて塗ってみた。

とっくに乾燥しているにも拘わらず、手で触ると塗料が着く。もうこれを塗って一か月が
くると思うけど、一か月間雨ざらしにしておいた。きのうも触ってみたらまだ塗料が着く。
ネットで質問してもわたしが理解できる回答は得られない。

4年も放置していたベンガラは風邪ひき状態になり機能しなくなったのか、それとも何か
ベンガラと混ぜるものが必要だったのか、水との混ぜ具合がよくなかったのか。

昨日近所のミカン農家の人がミカンがいるなら摘みに来いとのことだったので10kg袋
3個分貰って来た。そのときベンガラの話を出して知恵を拝借したが、米の粉を混ぜて
みたらどうかということを教えてもらった。どうしてかと聞いたけど何となくそんな感じと
少し情けない回答であった。 この解決はいつになるやら・・・。