順調!獅子ユズ

170913獅子ユズ
獅子ユズを買って5年、やっと実がなり始めた。あくまでも植木鉢育て。高さは
1、3mくらいには成長している。小さい実がなったころは20個くらいあったよう
に思うが、摘果して5個に抑えた。

しかし、この大きさの植木鉢では2個が精一杯ではなかろうか。一辺が50cm
の植木鉢である。プロに云わせれば1個が限度かもしれない。しかし、遊びで
作っている柑橘類、少しでも多く収穫したいのが人情ではないでしょうか。

獅子ユズの大きさはもう10cmを超えている。あとは黄色くなって収穫して女房
にジャムを作ってもらうのが楽しみである。ユズのジャムはほんのり苦くて甘い
玄人好みの味になる。

無農薬で育てたので、お店にジャムとして出してもいいかも知れない。楽しみ。

彼岸花

170919彼岸花
彼岸花は季節をよく知っている。というより植物全体にいえることだが、自分が咲か
なければいけない時期に必ず花を見せる。温暖化しても彼岸花は秋の彼岸に咲く。

うちの庭にはモグラがものすごく多い。ちょうど秋口に差し掛かったころ庭中を掘り
起こす。そんなわけでモグラ退治に女房が毎朝散歩に行ったとき、道端に咲いてい
る彼岸花を少しずつ何年かにわけてイモを採ってきて、庭のあちこちに植えていた。

最初は一輪の花ですんでたのが今ではひとっところに10本くらい花が咲くようにな
ってきた。庭に彼岸花を植えるのはあまりよくないと、昔から知ってはいたがいまは
そんな迷信などどうでもよくなっている。

よく見ると彼岸花はきれいな花である。ベージュの彼岸花(でないかもしれないが・・)
も2,3か所に見られる。ああ秋が来たなとこの花を見て季節を知る。

3カ月ぶりの演奏会

170915演奏会
毎月やっていた演奏会を3か月に1回にしてもう5年が過ぎるように思う。軽食付き
の演奏会なので、毎月するのはこの年ではしんどいものがある。わたしは2階から
椅子を運ぶくらいのことだが、料理をつくる女房が大変だ。

演奏会を始めてもう10年は過ぎたと思うが、最初は素人のバンドや歌などをやって
いたが、だんだんセミプロからプロを呼ぶようになってきた。わたしは運営協議から
手を引かせてもらってもう5年は過ぎると思う。1年間の出演者の予定や、時間の割
り振りなどをしなくなったので気が楽である。

毎回25人~30人くらいのお客様だが、せまい部屋で窮屈だが演奏会を楽しんでも
らっている。今回は松山から来ていただいたバイオリンとピアノがメインであったが、
みんな堪能してくれた。帰りに次回の予約をして帰るお客様がいらしたが、もう12月
はバイオリンではないのだけど、大丈夫だろうか。

昼間はここでアフタヌーンティのお店をやっています。11時から17時までアフタヌー
ンティセットが1,300円です。ぜひのご来店をお待ち申し上げております。

快適な街路樹の散髪

170903くろがねもち
朝5時50分頃の写真。うちの前の道路、あまり面白くない街路樹の「コガネモチ」が
並んでいる。

3年前まで街路樹の剪定は年が明けた2月頃、市から委託された造園業者が総掛
かりでやっておりました。このコガネモチは赤い実をたくさんつけて野鳥よ食べてくれ
といわんばかりの量で、ヒヨドリが群がっておりました。

そして問題は食べた後うちの庭で一休み、そこらあたり一面フンだらけ。毎日掃除を
するのにやたらと苦労をしておりました。あるとき剪定をしているところに出くわし、指
揮官みたいな人に「こうこうこう云う訳で前の年の10月頃に剪定作業をすることは難
しいだろうか。」「わかりました、帰って調整してみます。」その次の年から毎年10月
前後に作業をしてくれるようになりました。

まだ青い実のときに刈り上げてくれるので、ヒヨドリのエサは刈り取られました。

知り合いがうちの前の通りを「プロヴァンス通り」と呼んでくれていますがクロガネモチ
の街路樹では風情がありません。せめてケヤキ並木通りにでもしてもらわないと・・。

わたし本気なんです!

170904わたしの夕食
自分の健康維持は3日前に書きましたが、実力行使はこの写真の通りです。
朝と昼は普通に食べて、夜だけ写真の通りの食事です。その日の女房のおか
ずの一品を少しだけもらって、あとは安めのヨーグルトワンカップとバナナ1本
がわたしの夕食になります。このヨーグルトは酸っぱくないのでわたしとしては
安くてもありがたい。

わたしは本気なのです。薬を飲まないことをスローガンにした以上それなりの
努力はしなければなりません。ヨーグルトにバナナを小さく刻んで混ぜて食べ
ていますが、このヨーグルトは何グラムかわからないけど腹十分目の量です。

毎日バナナは飽きそうなので時々ブルーベリーや柑橘類のジャムを入れたい
と思っています。

とりあえず9月いっぱい実行してみて、血液検査をうけ糖尿病の数値を6.4
より下がっていれはこれを続けます。同じか上がっていればやはり薬に頼る
ほかないと諦めるかもしれない。

ま、これで1か月様子をみてみよう。女房はこれ以上の楽はないと嬉しそう。

それからまずいことに女房に内緒でようかんを買って持っているんです。スー
パーでなんでこんなに安いのかと思いながら216円で買ったんだけど、普通
は500円くらいする大きさなのです。よくよく見たら賞味期限が7月の20日に
なっていました。わたしは賞味期限などようかんならば特に半年くらい平気な
んだけど、いままでは夜にテレビを見ながらようかんをウイスキーを飲みなが
ら食べていたけどそうも出来ず、いまだに手付かずのままあります。

最後のブルーベリー

170903最後のブルーベリー
もう季節も秋、ブルーベリーの季節は終わろうとしている。毎朝散歩の途中歩き
ながら、もいで食べていたブルーベリーも最後の一玉になりました。

天下のニコンカメラも接写がきかなくなりピンとが合いません。接写さえ気にしな
ければあとは使えるので、このまま使用したいと思います。これを最後に来年の
夏までブルーベリーを食べる機会がなくなり、目のためと思ってせっせと食べて
いた習慣も終わりました。

わたしは高血圧と糖尿病の予備軍として、血圧なんかはもう10年にあまって薬
を飲み続けておりました。薬を飲む習慣病になっているような気がしたので、薬
を一切やめてみました。もう薬を飲まなくなって2か月が過ぎますが、血圧を計る
と130台と下が70台をずっと維持しています。

糖尿の数値は6.4くらいです。もうここ3年くらいは6台を維持しているのに薬を
ずっと飲んでいました。本当は5台を維持するのが正解でしょうけど、甘いものが
好きな者にとっては6台でいいかと妙な納得をしております。それで薬をやめた
ときから桑の葉茶を飲みながら散歩をしております。それからワンダーコアと云う
やつで腹筋を50回、一日2回行っております。散歩は夏場は1kmしか歩いてい
なかったのですが、今は少し涼しくなったので2kmにしております。

これからは薬依存生活をやめてなんとか自分の力で生きて行こうとおもいます。

また火遊び道具を

170827ストーブ
3年ほど前に買った「ロケットストーブ」は、周囲が熱で破れ気味になってしまい
使用不可ではないにしろ、少し効率に欠け始めたため、新しいストーブを物色
していたところ写真のようなストーブを見つけた。

以前のロケットストーブは1万円したが、これは1380円である。燃料も木っ端
木材でよいので云うことなし!しかしいくらステンレスとはいえ、熱に対しては
あまり長くは持たないと思い3個買った。死ぬまで持つか。

灰が下に落ちるので、下が土以外は犬の食器にセットする。二次燃焼の構造
になっているので、安定した燃焼が期待出来る。

これで今年の冬は、京都の孫(女ばかり)達が喜ぶ焼き芋を作ってやることが
出来る。焼いた後半月くらい天日で干すと甘さが増して云うことなし!

燃料の木っ端は5cmくらいの長さの適当な木があればなんでもよい。去年庭
のミモザが倒れてそれで作った材木がいっぱいあるので心丈夫。

これは何だ

170822はさみヘラ
これを使いだしておおよそ35年くらい経つ。現在でもずっと使い続けている。35年の
あいだ、一回も買いなおしたことはない。もし買ったとしても竹で作られた製品なので
500円くらいではなかろうか。恐ろしく物持ちがいい。

でもいまはこんなもの売ってはいないかもしれない。先端のゴムは4,5回替えたかも。

これはピンセットというと思うけど、昔の白黒写真を現像したりするときにフィルムや印
画紙を現像液から定着液に移動するときに印画紙をつかむものである。先端に近い竹
の部分はその繊維が見えるほどちびてきている。(ちびる=擦り減る)

なぜこんなものを使うかというと、書道を習っている人ならわかると思うけど毎月発行
される冊子に載っている級が上がったときにのせられる、自分の書いた半紙の写真を
撮影して現像するときに使う。半紙だから白黒でいいのです。その作業に使う。わたし
はそんな仕事もしている。

愛着がわいてきて新しいピンセットを買う気にならない。あと10年持てばわたしも写真
業から足を洗おう。それまで大事に使ってやろう。

今年は、カボチャ大豊作

170812カボチャ
収穫ばかりの話ですみません。今年はカボチャの品種「小菊」(べちゃべちゃした
食感の柔らかい品種)を2本買いました。それとズッキーニと間違えて買ったホク
ホクしたカボチャを1本買いました。

しかしホクホクのカボチャはあまり好きでないので3個ならしただけでやめました。
(まだつるっとしたホクホクカボチャが2個残っています。)あとはみんなべちゃべち
ゃのカボチャです。まだつるに5,6個なっており今朝も受粉したのが2個ありました。

こんなにカボチャがとれたのは初めてのことです。いままで植えたことがない所
(花畑の一角)に5,6m離して植えました。カボチャは実が詰みすぎたら、いくら
受粉しても枯れてしまうものなんですね。ある程度大きくなったら摘み取っていく
とすぐに実花が付きます。そうしたら結実するとすぐに大きむなっていきます。

なんか実がなるものがあると、自然と励みになるものですね。わたしは昔は芋、
栗、南瓜は好きではありませんでしたが、べちゃべりゃしたカボチャなら喉を通り
ますので好きなのです。

朝のお伴か、はたまたジャムか

170812ブルーベリー
7月の中ごろから8月いっぱい庭のブルーベリーの実がたくさん食べられるのは
有難い。毎朝散歩の途中で口にふくんで食べたり(30個くらいは食べていると思
う。)している。

最近夏になってからは朝の散歩は、冬のあいだのように4キロを歩くというのは
暑いし、体力がもたないので1キロしかあるいていない。また秋になったら夏の
分をとりもどさなくてはと思っているが・・。

ブルーベリーの木は5,6本あるが大粒と小粒が半々くらいか。写真の実は数え
てはいないが2~300個は毎日採れる。毎年はヒヨドリのエサになって私たちの
口にははいらないのに、今年に限ってヒヨドリが来ない。どうしたんだろうか。

どこかにエサの豊富なところを見つけたのだろう。それを学習してもううちの庭に
は来ないでもらいたい。そうしたらイチゴやジューンベリーの実も毎朝収穫出来
るからね。

目の病気は治らない

170804黄斑
わたしの目の病気は「加齢黄斑変性」、一年半ほどになるが、目の病気は治癒する
ことはないと思う。

目に注射をしてからもう10カ月くらいになるかな。黄斑部というのは美瑛の丘みたい
になだらかな丘の中央が凹んでいる。この凹みがなくなりぷくっと膨れ上がると視力
が低下して、目の玉に注射をしなければならなくなる。

この美瑛の丘みたいなのを維持しているあいだは注射をしなくてよいのだが、検査で
視力が0,7以下になると注射となる。そうなるとこの凹みがぷくっと盛り上がる。

写真のように我が家から東方向をみると、この美瑛の丘に似た山が見える。あの向う
に信心している(まだ半年にもならないが)生目神社があるのだ。毎朝5時半ころそこ
を向いて「おんたかせいせい~~そばか」と3回唱える。今はこの辺から太陽が昇る
ので太陽もいっしょに拝むことになる。

目がわるくなったら治療方法がなく、あとは神頼みしかなくなる。

開けっ放し

170804門扉ストッパー
門扉だが、いままで開けっ放しにしていても自動でしまるように重りをつけていたが、
一輪車で荷物を運ぶときなどは開けっ放しにして門扉がしまらないように細工をした
ものだ。

いままでいろんな細工をして門扉が閉まらないようにしていたが、どれもこれもがワン
タッチで済まない、面倒な細工を施していた。これなら通過させればかすかに止まり
少し力を入れれば閉まる。これなら簡単でいい!

掃き掃除をしたり、買ったものを一輪車で運ぶときなど、簡単に門扉が解放状態に
なるのが嬉しい。

数珠なり

170805プチトマト
今年のミニトマトの植え方には今までとは違うことをした。つまり今迄は植える本数
だけ買って植える場所に定植していた。そうなると1本280円として5本買ったら全
部で1400円にもなる。

今年は苗を1本だけ買って、それを定植して早くわき芽を出さす。そのわき芽を挿し
木して根を出さして、植えたい場所に定植する。その間約1か月はかかるが、4月の
半ばに1本買い、5月の中ごろから育ち始め6月の終くらいには赤くなりはじめる。

お金を出して買った最初の1本はそのあともわき芽を取らず、伸ばし放題にする。
そうすると1本で2m四方にミニトマトがなるという寸法だ。

写真は挿し木をしたものだが、今頃最盛期になってたくさんの実をつけている。か
なり安上がりのミニトマトである。毎日二人で散歩をしながら口にいれたり朝の食事
に3,4個出てくる。

わたしはトマトを切って食べるのは好きでないので、丸のまま出してもらうがコロコロ
してなかなか掴めない。なぜミニトマトがピンポン玉くらいあるかというと、万田酵素
のお陰である。あれはなんでもお化けみたいに大きくなる。しかし酵素は高い。

影の立役者

170724速記
もう一週間くらい何かの手違いでネットにアクセスできなかった。
ニュース性がなくなったけど、その前に写真を撮っていたのでこの記事をアップ
します。これは前事務次官を撮ったものではないのです。その前に座って速記
録をしている3名の速記記録者の労をねぎらいたく、書いてます。

左手で速記している人もおりますが、右手用に速記文字を開発したと思うけど
それを左手で書いていくにはそれ相当の努力がいるものと思います。

わたしは誰もが注目しないところに目が写ります。よく見てると二人が書いている
時間は10分くらいです。しょっちゅう速記者が変わります。音楽番組を見ていても
コーラスガールがとても気になります。ムード歌謡には3人のコーラスガールが
本当にきれいな声で歌います。顔はほどほどですが。

国会中継は速記者にたえず注目し、歌番組ではなかなか3人の顔までは見える
ことはすくないですが、ああこんな顔のひとがコーラス伴奏をしてるんだと惚れて
みたりします。

余計なことを云いました。私が50年前に習っていた早稲田式速記で書いた、わ
たしのフルネームです。

今、ユリが満開!

170724クロカノコ
花の便りをもうひとつ。
うちの庭にはオニユリがいたるところで咲いている。昔はオニユリは懐かしさがあり
いとおしい花として、何球か植えてたのしんでいましたが、ムカゴが落ちてひろがり
庭のいたるところから花を咲かすようになりもう15年が過ぎます。

一時、ユリに興味をもち外来種は論外だが、日本のユリを10種ほど育てていたが
最後まで残ったのが、このクロカノコユリです。普通のカノコユリはもう少し明るい
色で咲きます。

ユリはある年突然球根がなくなることがあります。腐って土に帰るのだと思うのです
が、掘り起こしても土しかありません。それと毎年球根を掘り起こして消毒しないと
病気にかかって腐り土に帰ります。オニユリはその点病気には非常に強いと思う。

わたしはバラよりユリのほうが好きなような気がする。

プリンセスダイアナ

170721クレマチス
もう時期がずれているような気がするけど、うちの庭にはクレマチス(プリンセス
ダイアナ、ダッチェスオブアルバニー)が今が盛りと咲きほこっています。

クレマチスは定植して3年くらいはあまりいい花を咲かせないような気がする。
何年経っても花を付けないクレマチスがあって、ブログの友達が肥料が足りな
いのではとご指導があってから丸2年、いくら肥料をやっても咲かなかった。
もう潮時でこの秋には廃棄しようと思っている。

5,6年前ころからいろんなクレマチスを植えているが、この2種類は丈夫な花
なのか、いたるところで咲いている。このタイプのクレマチスは、下へ垂れ下が
るものが多いなか常に上へ上へと向うとしている姿が好感が持てる。

私の誕生日の3日あとに交通事故にあって命をおとした、ダイアナ妃の生まれ
変わりのようで愛しい。

わたしはバラの花よりもクレマチスのほうが好きかもしれない。

竹ぼうきは自分で作れ

170618伊勢神宮
このあいだ京都へ行ったときに伊勢神宮に参ったことを半分忘れかけていた。
それほど印象にない神宮だった。

朝早くから行ったにも拘わらず人ひとでがっかり、ぐったりの一日だった。人が
多すぎて荘厳な有難さみたいなものが感じられなかった。2度行くところでは
なさそうである。でも神社に感じるものは人それぞれだけどね。

唯一気にとまったのは、いたるところで見られた手作りの竹ぼうきである。薄く
平べったい写真のようなもの。この手のほうきは重い小石などははかないで
上にある落ち葉だけを掃き集められる。

むかしわたしも、となりの竹藪から枯れ枝を拾い集めてこのような竹ぼうきを
作ったものだ。最初に習ったのは仕事で撮影に行った西条の伊曽乃神社の
宮司さんに手ほどきを受けたのが始まり。それから10年ほど作り続けたよう
な記憶がある。

伊勢神宮に参ってこれだけの収穫かとわれながら残念至極、他に何か収穫
があったのではないのか? 情けない。

目は神頼み

170709生目神社
目は一回病気になると、もう二度と治らない病気である。やっと確信が出来た。
緑内障、白内障、黄斑変性など一回かかるともう2度とよくなることはない。

わたしは1年半ほど前から黄斑変性という碁盤の目が歪んで見える病気にかか
って一年半2か月に1度ほど病院通いをしていたが、一向に治療なるものをして
くれていない。「ああ段々視力が落ちてきましたね、注射をしましょう。」などと云
って高い料金の注射をする。

そして半年から一年は視力が回復してきて、ただ「はいよろしい」というだけの病
院通いが続いている。

ならばあとは神頼みと香川県で見つけた目の神様「生目神社」なるところへ、う
どんや一鶴鳥を食べに行くついでに詣でる。このあいだ行ったときになにか3回
唱えると書いてあったのを思いだし、今回正式に写真に撮ってきた。

女房もいい加減なもので「おんころころ~」と書いていたとか言っていたが、まっ
たく違っていた。神社なのになにか禅宗のような唱え文句が少しひっかかる。
でも家で朝散歩をするが、そのとき香川県の高瀬町のほうを向いて「おんたか
せいせい たかせ たかやま そばか」と唱える習慣をつけたいと思う。

これからは病院通いもするが、東方面に行ったときはこの「生目神社」へ寄って
お参りしてこようと思っている。賽銭は何故か110円、たまには111円のときが
ある。いろんなことを考える山内ですた。

ワンダーコアの成果?

170707ワンダーコア
ワンダーコアを買ってからもう一年近くなる。確か去年の9月だった。
一日、いや一日半くらいで一回使用して腹筋を50回してフーフー云いながらやめて
いる。本当は一日3回くらい50回をやれば効き目も目に見えてわかるかも知れない
が、この使い方では腹筋が割れるまではいかない。

しかし、下腹が硬くなったことは事実、押さえてもノートを入れているのではと思うくら
いの硬さを感じる。それに散歩をしていても常に下腹に力がはいっているような気が
する。かといって腹周りが小さくなったとはあまり思えない。

冬の季節はコタツで使うため、これを座椅子代わりにするためにある細工を施した。
もう不具合がでても保証はされないだろうと思うけど、アングル棒で止められるように
してもたれても動かないようにしている。腹筋機として使うときは引っ掛けをはずせば
すぐに上下して使えるようにしている

以前は座椅子を置いてコタツに座っていたが、これがきてからは兼用している。なか
なか便利である。

好きな匂い

170704蚊取り線香
蚊取り線香の季節がやってきました。
女房は蚊取り線香とか香取スプレーなどは嫌いらしい。でもわたしは美空ひばりが宣伝
していたころから金鳥の蚊取り線香の匂いが大好きで、常に愛用しております。

蚊がいないような時でもつい煙らしたりして匂いをかいでいます。それで去年バラの匂い
のする金鳥蚊取り線香が出たのでどんなものかと買ってみたけど、一缶使い果たすのに
苦労しました。わたしの好きな除虫菊の匂いではありません。やはり本来の匂いでないと
線香をたこうとは思いません。

また今年凝りもせず「森の香り」と「微煙」という線香をネットで買ってみたが、これも二つ
とも大失敗。そんなに森の香りはせず、蚊取り線香は煙が出てなんぼの世界、微煙なん
て蚊に効くような気がしない。

同じ部屋に長居はしないので、短く切ったものを使用しております。みみっちいでしょか?
他メーカーの蚊取り線香は、安いけど持ちが悪いような気がする。好きになったものはあ
ばたもえくぼ、金鳥の匂いが最高だと信じてやまない。本当は変わらんのだろうけどね。

もう二度と他の匂いに惑わされたりしません。除虫菊の匂いのオリジナルを買います。

初恋の人

170627神楽坂はん子3
「神楽坂はん子」って芸者さんをご存知だろうか。のちに歌手になりました。
この名前を知っている方は半分以下になったのじゃないだろうかかと危惧してお
ります。東京・神楽坂で芸者をしておりましたが、「芸者ワルツ」で一躍有名にな
ったんですよ。

わたしは彼女の歌をラジオで聞きながら興味をもち、平凡や明星という本で顔を
確認した記憶があります。それまでは歌手とかスターは目鼻立ちが整っている
のが常識でしたが、この神楽坂はん子はどちらかというと不細工な顔立ちで、ど
こにでもいるようなおばさんに見えました。

でもわたしは子供だったけどこのおばさんを好きになりました。多分初恋の人だ
ったと思います。それからたくさんのヒット曲をだし、テレビでもみられるようにな
りました。この写真の「♪ホニホニホニホニ浮いて来た」は「こんなベッピン見たこ
とない」という古賀政男さんの作曲ですが、作詞家は関根利根雄という人でホニ
を4回も連ねるのがどういうことなのか摩訶不思議であった記憶がある。

とにかく色気のある歌い方は子供ながらに惚れ惚れして聞いておりました。
京都・宮川町を書きながら思いだした神楽坂はん子でした。

子供の頃好きだった女性は、いまの年になってもこの手の顔に逢うと惚れ心が
芽生え、後をつけたくなります。

宮川町

170630宮川町
舞妓さん、芸子さんでお馴染みの宮川町。四条南座をすこし下がったところが宮川町。
ここへ来たときは昼前でまだ舞妓さんが出勤する時間ではなかったので、ガランとした
通りであった。

ひょっとマスコット人形が目について、撮影しようとしたとき乗れんがたくしあげられ舞妓
さんが出てきた。シャッターをおろそうとした瞬間出てきたのでラッキーと思ったが、顔を
よく見てみると舞妓さんにしては少し年をとっている。にわか作りの一般舞妓ではないか
と思った。でもこんなところにそんな商売をするところがあるのだろうか。こんなところに
マスコット人形が置いてあるなんておかしい気がする。

そういえば舞妓さんはのれんを手繰りあげてもらって玄関を出てくるなんて、そんな待遇
の舞妓はいないような気がする。ここを夕方尋ねるとわんさと舞妓・芸子に会えるわ。

半夏生の花を見に行く

170617.jpg
もう少ししたら、この辺の神社でも輪越せ(半夏生)の日が来るが、一足先に京都で
半夏生(半化粧)の花を見に行ってきた。

花見小路の先にある建仁寺の中に、毎年今頃になると半夏生の花が咲くらしく娘が
そういうもんで訪れてみた。この一角にしか咲いていないらしく、池の周りを彩ってい
た。抹茶の接待があり、ゆっくりと見ることが出来た。

わかりにくいが先端に白くみえるのは花ではなく葉っぱらしいが、その下にブッドレア
を細くしたような白い花が見える。そんなにきれいとは思わないが、その道の達人は
この風情がこの上ない落ち着きの色なんだろう。

わたしはこの花は初めてではないように思うが、どこで見たかはまったくわからない。

義務を果たす

170617天理教
山内家の宗派の総本山へ生まれて初めてお参りをしてきました。
わたしの代になってから、宗教を崇拝する理念を失ったのか、あまり手を合わせて
おりませんでした。

しかしいくらなんでも総本山へ出向くこともなく死んだのでは申し訳がたたないので
先日、遠路はるばる雨も降らない梅雨の暑いなかお参りに行ってきました。

本当は今回初めて伊勢神宮にお参りに行く予定にしていましたので伊勢に参るのに
自分の宗派を参らないのは仁義に背くと思い、伊勢へ行く前にここを訪れたのです。
この建物の内部は畳3000畳敷の広さがあり、目を回すところでした。

この写真は知らない人に撮ってもらったのだけど、自分が撮れば後ろの建物はシン
メトリーに入れるのだけど、この人は少しずらしている。感心してみています。
本当は斜めに曲がっていましたが、ちょっと修正しました。w 瓦のてっ辺から足の先
までちゃんと入れてくれただけでも感謝しなければ・・・。

庭は緑一色

170605芽吹きの庭
最後に咲くツルバラもおわり緑一色の夏がやってきました。
梅雨に入ったとはいえ、雨もあてにならず毎日庭の水遣りに明け暮れています。

土地に植えている植物はまあまあ大丈夫ですが、問題は鉢植えの植物です。
みなさんも困っておられると思いますが、気象庁が梅雨入りの時期を間違えた
ようですが、間違えたからといって水遣りがなくなるわけではないので、大変な
毎日が続きます。

こんど天理と伊勢と京都に行ってきますが、わたしにしたらこの辺なら一っ跳び
の距離なのでどうってことないですが、京都は毎度のことですが、実は天理も
伊勢も初めてなのです。一休みして、すこし落ち着いてきますかね。

誕生日が好き

170613ナンバー
このナンバーはお店に来てくださった方の所有自動車です。
多分と思って(・225)の方にあなたの誕生日は2月25日でしょう。と聞くと何で
知ってんですかとビックリされた。 

実はあなたの車のナンバーを見て多分そうだろうと思って聞いてみたのです。と
云うと実はそうなんですと云われた。下の(12-17)も誕生日は12月17日です
とのことだった。こういう発想は女の方に多い。

3桁の自動車をみると90%以上が誕生日を表している。ちなみに3桁の自動車
のナンバーをよく見てください。(・344)とか(・863)なんて数字は番号を選ばな
かった人が付けているので3桁の自動車では10%もいないと思います。
そんな人の自動車の上の小さな番号を見てみると330とか軽四でしたら580の
初期の番号がほとんどです。だから(11-12)の車はあと一つ下なら(11-11)
だったのに残念というのは野暮。誕生日が11月12日なのだから。w

退屈な方は車を運転中前から来る車の番号を確認してみてください。3桁目が
1~9まての車は2桁目が01~31までに集中しているはずです。

こんなバカなことの発見にいつも脳を活躍させています。

いとおしい花

170605オオヤマレンゲ
梅雨に入ったが雨があまり降らない。
庭で咲く「オオヤマレンゲ」ももう終わりを告げようとしている。
去年取り木をして今年販売してみたが5鉢全部売れた。約50cmくらいの高さの
取り木であったが、1鉢2000円にしてみたがわたしの小遣いが増えてホクホク。

これは人の話によると最高のお茶花らしい。それも写真のように開いていない
のでないと使われないとのこと。茶をしている人もこの花が咲いた姿を見たこと
ないと云っていた。

今年も乾燥コケを買ってきて取り木の作業にかからねば・・・。

女房のめがね

170604女房のめがね
手前の赤っぽいのが女房のめがねである。本を読むときとか、テレビを見るときや
お店の準備をするときくらいにめがねをかけている。

近場と中間くらいが良く見えるように2つのめがねをもっている。なんで遠近両用
を作らないのか合点がいかぬ。

それで両方のめがね共ツルがこのようにひん曲がって片方が浮いているのにのに
知らん顔。かけたときうまくつるが耳に合わないのではなかろうか。まあだいたいで
あればとO型のなせる技か。

向うにみえるのはもう35年ほど愛用しているわたしのめがねだが、めがねを置い
たときツルがきちっとついている、A型のなせる技だ。w

付録だがきょう「周ちゃん広場」で買った野菜類の袋をどっかでわすれたのか、帰っ
たらわたしに野菜はどっかへやった?と聞いてきた。わたしは野菜の担当ではない。

写真の入れ方、やっと。

170501.jpg
FC2の写真の挿入の仕方を忘れて解らなかったが中央の山のマークみたいなのを
クリックすることを思いだした。まだボケてはなさそうだ。

でも写真がとても大きいような気がするがONすると小さくなるのかな。写真はこの
ゴールデンウィークに京都から遊びに来た孫たちであるが、一番下の明子(さやこ)
は里帰りは初めてのような気がする。

帰省時ちょうど1歳になったので一升もちを背負わせたがこけて歩けないので半分
にしたらすいすい歩いた。三女だけが顔だちが違う。というより初めて山内家の顔
をした孫に逢えた。

この赤い車2号はもうこちらの孫たちは大きくなったので乗ることもないので、今度
京都へ行くときに明子用に持って行ってやろう。この車を作ってからもう7年が過ぎ
た。京都へ行ったらあと5年ほどは乗ってもらいたい。

このサイトにONすることがわからなくなった

またまたご無沙汰ぎみ。このサイトに写真を載せるのがどうすればよかったのか
忘れてしまっております。

おまけにすべてが英文字になってしまい、わけがわかりません。
勉強をし直さないといけません。どうして英語扱いになったのか・・・。