FC2ブログ

京都・南座

191013南座
一泊二日で京都へ行ってきました。孫の七五三の撮影と
そのお礼か、南座で藤山直美の「道頓堀ものがたり」の
観劇を楽しみました。まあ何と入場券の高いこと。

藤山直美さんはうちの娘の家の三軒隣りで夏なんかあの
豪快な笑い声が聞こえてくるそうです。お父さんが建てた
3階建ての立派なお屋敷にお母さんと暮らされております。

林与一、石倉三郎、三林京子、鈴木杏樹、松村雄基など
が共演しておりました。わたしは藤山直美と石倉三郎の
二人のみに興味がありました。

花道のすぐ下におりましたが、出演者の鼻の孔がよく見え
ました。花道は下駄で歩いてもあまり音がしない座板の
構造になにか細工が・・・・・・。女房は下駄にゴムを貼って
いたのではといいまうが、わたしはあの花道の板に何か
細工がしてあると確信しております。変なところに興味。

朝の道草

191001朝の道草
昔は下校時に道草をする子供が断然多かったが、最近は朝の登校時に道草をする
子供がいる。

朝は結構忙しく、ぎりぎりで家を出る子供が多いのではないかと思うが、この二人は
遠くから眺めていたが、15分くらいはこのままで、たまに寝転んだりしている。

1年生で近所の友達と思うが、将来大人になってあんなことして道草なんてもう死語
の言葉をやってたね。と懐かしがるかも知れない。

女房が先行で京都の娘のところへ行っているので、ゴミ出しはわたしの仕事。集積
場所へ来てもまだ行こうとしない。そこでスマホでパチリ。

いい思い出を作りな。

カラーの中なのに?

名称未設定 1 のコピー
久々に4時間半もNHKの女子オープンを見続けていた。
前から気になっていたのだが、グリーンにボールがある場合はピンを抜くのが
常識だったように思うのだが・・・いや抜かなくてはいけなかったと思う。

ピンまでの距離に関係なく、ピンをさしたままプレーしたり、はたまた抜いてい
たり、どうもちぐはぐ。(写真参照)

プレイヤーの好みでどちらでもよくなったのか。そのようなルールの改正があ
ったのだろうか。40年まえにゴルフをやめた小生にはそれがわからない。

大好きな渋野ばかり追っかけていたが、NHKはトップから4人くらいばかり映
して7位くらいの渋野はなかなか映らない。畑岡ばかり映すのはやめてNHK。

小柄な子と思っていたが、165cm、62kg、靴26.5cmの渋子はなかなか
のむち子である。女は痩せよりはこれくらいのほうが魅力的である。

ヘリオトロープの挿し木

191001ヘリオトロープの挿し木
春は端正だったヘリオトロープも秋になるとじゃんがらになってしまい、見る影もない
くらいに荒れております。

先日も話したように二重のプチプチを巻き、その外にもう一つの植木鉢にもおなじよう
に巻いて、それを重ねて底穴を開けた発泡スチロールの箱の中に入れ、全部を覆わ
ない大きさのガラスで霜などが直接当たらないようにガラスを乗せる。

そして切り戻したヘリオトロープの上にはもみ殻をまき、変な器なので巻きにくいの
ですが、プチプチを巻いて軒のしたにでも置いておくようにします。

室内で過ごさせるのはいかがとご指摘がありましたが、冬の室内はへんに暖気が
あり、うまくいかないことが多いです。

さてこれで枯れたら枯れたで仕方ないと思い、また来年同じようにお店で買います。

法外な値

190922ヘリオトロープ
この春、あまり背がたかくならない「ヘリオトロープ」をいつもの香川県の花工房で
一株350円で2株買って、一つはうちに、あとの一つは知人に差し上げました。

秋口になりまたそこへ訪ねて行くと同じ物が一株980円で売っているではありま
せんか。多分背の低いヘリオトロープが珍しく、たくさん売れて追加注文をしたこ
ろから値段を980円というとんでもない高値にしてしまったのか。

今の時期うちのものも花がおわり右の写真と同じようになりましたので、いまから
挿し木をしたいと思います。これから冬に向かっての挿し木は普通の物でもつき
にくい時期です。とくにヘリオトロープは路地では冬は超せません。

980円のことを考えたら、これは是が非でも成功させなくてはなりません。ほぼ
ダメでしょうが挑戦してみます。まず挿し木をする床の植木鉢の外側に3重くらい
にプチプチを巻いてそれを一つ大きめの植木鉢に入れて、それを蓋を取った発泡
スチロールの箱の中に入れて冬を越させます。

理屈はこれであっているのですが、理屈通りにいかないのがこの世の中、うまく
発根したら春に載せてみます。980円が恐怖ですから・・・。

久しぶりの台風の爪痕

190924台風
台風何号かわからないが、ついきのうの台風。久しぶりに愛媛県にも風が吹いた。
といっても風速10mか15mくらいのものだったが、うちの庭の植木鉢は10個ほど
ひっくりかえった。

そのうち一番大きな仏手柑を植えている鉢がひっくりかえり、一人ではもとに戻せ
なくて、女房の手を借りた。ここの庭は植物を養生させるところで、挿し木などの新
生植物を育てているところに、柑橘類を仮置きしていた。

この鉢の下敷きになったら、苗も折れていたろうが、幸いなことに倒れたところには
何もなかったので安心した。

ここ10年くらいは台風が来ても雨もすくなく、風もそよそよくらいで昔のように九州
を襲った台風は必ず愛媛県にも大きな被害があったが、ここ何年もそんな九州の
上を通る台風がなかった。

高知沖から和歌山のほうへ向かう台風は雨も降らないし、風も全くない、そんな
のがここ何年も続いていたので、久々の台風の風の音を真夜中に聞いて被害が
何も無いようにと祈っていた。

石畳

190909ピンコロ芸術
ローマの石畳を模して作った石畳。ピンコロが全部で418個。
あのころピンコロも安かったので、板締めで買ってきた。といっても板締め1〆が
1トンくらいある。輸送は業者に頼んだ。

このあいだ見えたお客さまが、同じようなものをレンガで作ろうと思うけど、最初の
9個がどのような配列にしているのかわからないとのことで、これを撮って電送して
あげた。

最初の9個の角っこの4枚は欠けたようなピンコロをつかったような記憶がある。
たくさんある中には欠けた欠品もはいっているのでそれを使った。でもレンガは
それがないかもしれないから、切るようにすすめた。

石を切るよりレンガを切るほうがやさしいと思う。最初の2列くらいは隙間があくが
それからは詰んだ状態が保てると思う。

ローマの石畳を思いうかべながら、見よう見真似で作り始めたのはいいけれど
わたしはこれを敷くのに泣いた泣いた。運動場みたいなところに小石がいっぱい
埋まっているのを鍬で掘り起こし、8cmくらいを埋める。その土の硬いこと。
418個のピンコロを埋めるのに4,5日かかったように記憶している。もう15年
以上まえのことであった。418個を「宵闇」とそのころから覚えていた。

こんなのがいい思い出なのか。本職は砂を2cmほど埋めてその上に10cm角の
ピンコロをおいていけばいいだけだ。そんなのでいいなら私も5個でも10個でも
作ってやるぞ。

簡素系スシロー

190908回転寿司
朝の11時まえ回転寿司を食べに行った。
11時半を過ぎると一杯になって、待ち時間になるので嫌いです。
この一列に座っているのは私と女房だけです。

寿司ネタがまったく回ってきません。いるなら予約でいいなさいという
まことに理にかなった回転寿司。流れているのは薬味だけ。

わたしは魚が苦手ですが、刺身は変な魚を除けば食べられます。
いか・たこ・たまご・かずのこ・えび・あさり汁・それに白身魚くらいで、
たまごは2杯くらい食べて終わりです。1000円までいきません。

貝類、いくら、たらこ、うに、さば、うなぎ、まぐろ、などはスルーです。(泣




明子(さやこ)が電話をしてくると必ず How are you と言う。そんなとき
じいちゃんはヘロ・アム・ファイ・タンキュ・エニ・ユーと強く言って驚かす。

2学期、がんばれ!

190820京都から帰省
盆まえ一週間ほど帰省していた京都の娘・孫たち。もう今は2学期が始まり
みんな元気で勉強しているか。一番下の孫さやこ(明子)はまだ3歳だが、
一人前に保育園みたいなところへ行っている。来年から3年間普通の幼稚園
へ行かなければならない。幼稚園へ5年行くことになる。

英語で一日過ごしているようで、ハローとかサンキューは家の誰よりも発音が
いいらしい。一番上は中学で朝7時過ぎには電車に乗っているそうでキリキリ
している。真ん中が夢見ているのか手を広げたりして、ポヨ~ンとして一番のん
びりした小3である。

写真は近所にある曹洞宗禅門「瑞應寺」。一番上にある鐘突き堂まで早朝に
あがってきた。長い石段は、じいちゃんはよれよれであった。

ちょっと過去のスマホ写真だが、孫たちが懐かしくてアップしてみたがね。

今年最後のカボチャか

170913最後のカボチャか
べちゃべちゃした食感のカボチャ。いわゆる「日本カボチャ」が好きで、毎年5本くらい
植えているけど、そのうちきちっと育つのは2本くらいだ。

今年はまあまあの大きさのカボチャは全部で8個ほどとれた。このやおいカボチャを
薄く切って天ぷらで食べるのがなによりのご馳走。

よくカボチャはホクホクした栗みたいなのが最高よというが、わたしは違う。ホクホク
したのはのどにつまる。栗、栗南瓜、金時芋、これらはこの世に無くてもなんの支障
もないぞ。

石結び?

170619石
京都の人に聞かなければわからないが、これは何という呼び名ですか、また
どんなところで使うものでしょうか。うきふねさんなら知っているでしょう。
何という呼び名で、何で犬走りみたいなところに置くのですか。教えて下さい。

京都へ行ってどんなところへ行っても必ずあるのがこの石結びです。寺院なんか
ではよく見ますけど、普通の商店でも奥まったところに置いてあったりします。

で、必ずシュロ縄でくくっています。わたしも真似て作ってみました。わたしは飾り
でしか置くことを知りません。必ず何か意味があるものと思っています。


    これは「止め石」と呼ぶそうで、立ち入り禁止とか侵入禁止とかを表す石
    だそうです。うきふねさん、ありがとうございました。
    それからTomoさんもありがとう。「関守石」って言うんですね。

お灸 好き!

190822お灸
左肩が痛くて痛くて夜な夜な泣いておりました。肩が凝っているわけではない。
多分神経痛だろうと思う。

以前にもあまり売っていない「もぐさ」を買ってきて肩の前方にのみお灸をすえて
いたが、非常にやり辛くポロポロと落ちてズボンを焼いたりしていた。

貼り付けるお灸を発見!温度が50度と44度の2種類をネットで注文して、それ
以前にも40度というお灸をかったけど、ゆるくて何の効果もなかったので、この
2種類を購入してみた。

まではよかったが、50度は丁度いいくらいの熱さだろうと一粒すえてみた。
ところがものすごく痛くて火傷の水膨れができ、なかなか治らない。

それで50度はやめて44度にするとわたしの皮膚には丁度いいあんばいで、
これが適正と決めることが出来た。子供のころからなにか体に不調があるとき
はお灸をすえられていたので、灸には怖さとか抵抗感はなかった。むしろ好き
だったかもしれない。治らないのなら痛いだけでダメだけど治るので・・・。

若い頃山にとりつかれているときは、すねに灸をおろしてもらって4つづつ2,3
回すえると直ちに痛みが無くなった。つぎは44度と47度の2種を買うつもり。

やはり値段だけの事はある

190823Wi-Fi.jpg
半年ほど前から、店に来られるお客様のために、無料Wi-Fiのルーターをネットで
1,000円で購入し、お店の中の高い所にタバコの箱より小さい頼りないルーター
を設置しておりました。

しかし、店の中や2階のわたしの部屋くらいにはつながるのですが、20m離れた
部屋にはつながらず、わたしだけがイライラしておりました。

このあいだヤマダ電器で型の古いルーターを3,500円で買ってきて二つ取り付け
て試してみました。ケーブルは20m物を2階から引いて居間と寝室に届かなかった
分と届きかねていた座敷のちょうど真ん中の居間の廊下の上にハガキ大のルータ
ーを取り付けました。

20mのケーブルも計ったように丁度でした。1,000円のルーターは家の外も感知
しない箇所がたくさんありましたが、2台付けることにより庭の全域で感知します。

さすがに値段を出すだけの値打ちがありました。これで散歩をしながらスマホのユー
チューブで好きな音楽を聴いて楽しみたいと思います。

ボウフラの撃退方

190817ボウフラがわかない
毎年夏になると蚊に悩まされる。わたしは毎年5月くらいから10月までバードバス
なんかに銅板の板や銅線を丸めて、たまり水のなかに沈めている。

これが意外とボウフラを阻止出来るいい方法である。それまではボウフラの撃退に
うじ・ボウフラ退治用「うじ殺し」なる怖い呼び名のものを使っていたが、小鳥やハト
が水を飲みにくるので、これはいかんと考え出した方策。

完全とはいえないけれど、約70%の蚊の発生を防げるようになって嬉しい。銅板
を入れた水たまりは100%だがほかに気が付かないところからの発生、あるいは
周辺からの発生がが30%である。

バードバスなのにもっと早く気がつけばいいのに・・・。でもうちではバードバスと
して置いてあるものより、水道の下に置いてある皿に植えた植物の水分補給の
紫の大皿にたくさん鳥が寄ってくる。

蚊取り線香の威力

170605蚊取り線香
ずいぶん前に買った蚊取り線香の缶だが、わたしは夏になると蚊取り線香の特大
のものを1缶買う。

普通サイズもときどき買って各部屋に常備している。孫たちは蚊取り線香の匂いは
好きでないらしく、口をとがらせて鼻で息をしないような素振りをみせる。

わたしは型が古くなったマシーンだが、栄養ドリンクさえ飲ませてもらったら、そこい
らの孫たちにはまだ負けはせん。

話がへんなほうに向かってはいけない。わたしは蚊取り線香の匂いが好きで、夏が
くると夜、昼に関係なく焚く。渦巻のままは火をつけない。この部屋には何分いるか
によっていろいろの長さに切ったものに火をつける。

あの煙を見ていると、17年前にやめたたばこを思い出すのかもしれないなあ。

実生から成功

190729プリムラ
生協の花屋で「プリムラ・シネンシス」なる植物をかってから、もう7,8年にはなろう
かと思う。色は白色。

いつも春先にお客様になんて可愛いと、ずっと絶賛されていましたが増やそうにも
タネがとれません。挿し木も柔らかすぎてダメ。花屋に何回行ってもその苗は入り
ません。とのこと・・。

株も増えないし、これはこれだけのものかとあきらめていた今年、花が咲いたあと
振ってみるとカサカサと音がするではないか。タネも出来ないものとあきらめていた
のにラッキーと思い、5鉢くらいに分けてタネを植えていたら、なんと芽が出てきた。

買ったときも一鉢600円くらいして、えらく高いなあと思った記憶があるので、これ
またきちっと育てて2株を一鉢にして売ろうか。花が咲いているときに横に並べて
おけば必ず売れる。

よし来年はそれで行こう。

ほがらかOKよ、シブコ。

190807渋野
     ときどき見せる不敵な目

わたしは今話題のこのテレビを夜中トイレに起きたときに何気なくつけたらやって
いたのだ。見るともなし見ていると、15番ホールのころだった。おかげで歴史的
快挙にたちあえたことに感謝したい。

2位になったり1位になったり目まぐるしく推移するので目が冴えてしまって本格
的に居間の大きなテレビで見るようになった。

18番ホールのあの第3打を打ったとき、ああ強すぎると思ったら入ってしまった。
あれが外れたら2m以上オーバーしていて、パーであがるのが危ないものだった。
この子にはツキがあったね。

あれだけニコニコしてプレーするのは余計にしんどいのではと思ったけどね。

昔といってももう30年以上前の話だが、わたしもそのころチラッとゴルフをやって
いた頃だ。11月?の最終の女子ゴルフを見にいってたときのこと。岡本綾子の
全盛期のころで、日陰温子と岡本綾子が競り合って、第一打を打って芝生のとこ
ろを歩いていたとき、すぐ横でみていたのだが、二人が2,3メートルしかはなれて
いないのに、お互い目も合わさず、もちろん話もしない、何か葬式に行く二人みた
いな光景を思い出した。

その時、いくら敵といえども歩いているときくらいおしゃべりしてもいいじゃんと思っ
たものだ。こんなのちっとも楽しくないゴルフだろうなと思ったものだ。真剣勝負って
こんなものなのか。

セミの一生

190730セミの死
朝5時過ぎに起きて庭にでてみると、庭のいたるところで直径1.5ミリほどの穴が 
たくさん開いています。

セミの生まれた穴ですが、生まれ出るとまだ皮をかぶったまま庭をはいまわり、脱皮
するところまで(なぜそこがいいのかわかりません。)辛抱強く歩いていきます。

たまたま見ていたこのクマゼミはガラス戸のアミにしがみついて脱皮しました。やれ
やれ君の誕生地は網戸かと言って、いつもの庭内での散歩を始めて、ときどきアミ
戸に目をやって様子を見ていたが、いつも間にかきれいに羽が伸びいつでも飛び
立てるようになっていた。

しかし30分してもそのままで動かない。ま、そのうち飛んでいくだろうと朝食をとりに
家にはいり、また30分くらいしてのぞきに来てみるとまだそのままだ。

おい!とばかり捕まえてみるともう死んでいた。心筋梗塞だろうか、それとも脳出血
だろうか、かわいそうに楽しいはずの2週間の人生を棒にふってしまった。

蝶々をテンシするときに足をきれいに揃えるのだけど、きれいに揃わないまま固まっ
てしまいクソっの思いがあったが、これは網戸にくっついていたのでとてもきれいに
足がおさまっていた。テンシは100点満点だった。

盛り花?

190728添え花立て

わたしもステージ写真を撮り始めて30年を超えるが、こんな盛り花を見たのは
初めてである。

普通なら1万円くらいの生花店から運ばれてくる盛り花が当たり前のことだった。
それがピアノ講師が植木鉢で育てていたオリーブの木を1本置いているだけ。

ものすごく新鮮に思えた。きょうびこんなこともありかと思える風景であった。

スコアボードの映し方

160325スコアボード
また高校野球が始まるが、毎回のことわたしだけなのだろうか。回が終わるたび
スコアボードを映してくれるが、上の写真のように今日の試合の結果を出してくれ
るのはありがたいことなのだが、十中九、十が下の写真の画面である。

甲子園も回が変わった数十秒だけこのような来場者にお知らせとして映し出され
ているが、NHKも回が終わると同時にこのスコアボードを映し出し、甲子園は
間髪をいれず、このたばこの画面に映し変える。

甲子園とNHKの話し合いで、5秒間だけたばこに変えるのを待ってくれ、5秒が
過ぎたらこの画面に変えていいからとなぜ話し合わないのか。わたしがNHKの
担当者なら、テレビを見ている人のことを考えて何を置いても一番に甲子園と
掛け合うのだが・・・。NHKにもこんな熱血漢の人間はいなくなっているのだと思
うと落胆する。

テレビを途中で見だした人は、終わった今までの試合結果が気になるのはあた
りまえのことなのに・・・。この夏もこのイライラしたことが起こることは悲しい。

書きながらだんだん腹が立ってくると文章がおかしくなっているのも気がつかない。
去年も同じ写真を使って同じことを書いたかもしれないのに・・・。

大きな獅子ユズ

190715獅子ユズ
一昨年5個の実をならして、去年はまったく花が咲かなかった「獅子ユズ」が
今年はまた5個なっている。摘果はたくさんしたのだけど、ついついもったい
なくてまた5個残してしまった。

一昨年は実が重くて2か所も枝が折れてしまった。今年は棒を立てて枝折れ
を防いでいる。が、また来年まったく花が咲かないだろうか。

なにしろ45cm角の植木鉢で育てているものだから路地植えのように大きくは
育たないが、それでも12,3cmの大きさに育つ。5個あれば4瓶くらいのジャム
がとれるのだ。それをお客様にお出ししている。

一石二鳥なら路地植えしてたくさん収穫すればいいではないかと思うかもしれ
ないが、レモン、普通のユズを路地植えにしているので、猫額農園にはもうそれ
以上植えるわけにはいかないのだ。

鉢植えは観賞用にはもってこいのアイテムである。このように鉢植えをしている
柑橘類は7種類あるが、一番見ごたえのあるものは「仏手柑」と「タヒチライム」
だろうか。

お財布携帯、ついに減額

190716お財布携帯様変わり
このあいだの「あぶく銭大会」において、ついにここに入れていたたいまいな
高額紙幣を8か月ぶりに吐き出す羽目になって、ついに減額してしまう。

この額じゃあなんのメリットもないが、今は仕方ない。そのうちまた実入りが
あったらまた潤うだろう。それまで辛抱しようっと。

携帯のディーラーへわからないことを尋ねに行ったとき、よくこのテグスは何
ですかと係員が違うたびに聞かれる。「これはアンテナです。アンテナがない
とよく聞こえないんじゃないんですか。」ととぼける。

わたしはクセとしてハンカチ、ちり紙、カバンなど持つ習慣がないので、携帯
はズボンのポケットか胸のポケットにしかいれるところがないが、車に乗った
ときはズボンのポケットは運転しにくく、胸に保管するしかない。

それで胸のポケットに携帯を入れたとき、うつむくとポトッと落とすじゃないで
すか、それを防止するためにシャツの第二ボタンにわっかを引っ掛けてボタ
ンをすると落下してもこのテグスで保持され、落ちても途中で止まり、落ちなく
なるのです。

ただテグスのくくり方は、釣りのときの作法にのっとってくくりぼしをつくらないと
何の意味もなくなる。普通にくくるとテグスはすぐほどけるよ。

車内にも生け花を・・・

190630車に生け花
車に生け花を飾っているのも珍しいと思うけどいかが・・・。花器は丸栓のコーヒー
缶である。車にこんな花器を3個ほど積んでいる。

いま生けているのは「メグスリノキ」だが、外にも緑はたくさんあるが、車内にも緑が
あれば心が安らぐよ。

といえば風流人に聞こえるが、実は目の神様にお参りに行った境内に植えられてい
た「メグスリノキ」を2,3本枝を失敬してきたところである。これを持ち帰り挿し木をす
るのが目的である。

どこへ行ったときでも、これを挿し木にしたいなあと思ったら、すぐに拝借して2,3本
車内に飾って家へ帰る。この癖はもう40年も続いているだろう。

野・山林では何もしないが、寺・神社で失敬するときはお賽銭を余分に出している。

懐かしいモンベル

190630買い物
モンベルへ行ったのは7,8年振りではないかと思う。

高屋神社へ行ったついでに高松の少し西にあるイオンで営業しているモンベルを
訪ねた。昔は丸亀にある「ベースキャンプ」や高松のゆめタウンや、前記のイオン、
それから高知の「モンベル」へよく行っていたものだ。

決して安くはない登山用衣料などを粋がって買い集めていた若い頃が懐かしい。
最近は香川へいくというと善通寺くらいがいいとこで、それ以東へは行ったことが
なかった。いつまで走っても着かなかった。

あぶく銭が貯まっていたので、ザイルではないがその材料と同じで出来ているロー
プを10mばかり買って1450円、それから出張撮影のときに着るジャンパーが古く
なったので、それに似たものを買って8500円あまり、一万円ばかりの高額買い物を
してしまった。1万円を使うなんてここ10年ないことだ。

背中に屋号のS.PROVENCEを刺繍しないといけないのでまだ袋をあけていない。
モンベルもプラスチック減作戦に参加しているのか紙の袋だった。

天空にそびえるパワースポット

190630高屋神社a
何かのテレビで全国に広がりが急を告げた天空に建つ「高屋神社」に梅雨の雨が
上がった瞬間をみて、一人で観音寺まで出向いた。さっきまで雨がふっていたから
これならあまり人が行っていないのではと焦って車を飛ばす。案の定3,4人しか登
ってなかった。景色はあっという間に真っ白になり、何にも見えなくなったり、パーッ
とガスがとれたりした。

湧き上がる雲の合間に下界に見える海と街並み。ここは観音寺であるが、西の方
に大王製紙の大きな煙突が見える。標高400nくらいではなかろうかと思うが、歩か
ないで一番近い車で行ける林道でも6.5km登らなくてはならない。注意深く進むと
車がぶつかることなくほとんどのところで対行は可能である。しかし
190630高屋神社b駐車場を降りてこの鳥居が見える高屋神社本宮に行く
までの300mくらいが、登山を思い出すほどの急こう配で絶対25度以上の傾斜がある。
これが年寄りにはよいしょというところだ。でも反対側(仁尾側)の駐車場から歩くとほぼ
1時間はかかるらしい。

チョイ掛けでいったので、果たしてパワーをもらえたかどうかはわからない。

剪定作業台

190425庭09
100均でクルクル回る台座を2個買ってきて、大きなプラ鉢の上下に取り付けて
植木鉢の剪定をする台座をこさえた。2個つけるとよく回るし、下の台座は取り
外しが出来る。また杉の丸太を埋め込み、腐りにくくする為に例によってバラス
を敷き詰め、丸太の周囲には柿渋を塗った。

また土に埋まる部分にはコールタール塗り防腐剤の役目をしてもらう。対象の
植木鉢はやはり目の高さの10cmくらい下になるのが理想だと思う。

丸太の周囲には剪定道具(ステンレス)を配置し、作業が動かなくても済むよう
に手配している。ちょっとのことを大げさに言うのはわたしの悪いクセ。

後ろに見えるのは、ステンレスで出来たドラム缶であるが、昔はこれで剪定くず
を燃やしていたので錆びたような色をしているが、オールステンの立派なものだ。

お財布携帯

190611お財布携帯

これを「お財布携帯」という。

わたしは昔から財布とハンカチというものを持ったことがない。何回か買って
はみるが長く使ったためしがない。

というのも、財布というのはズボンとか上着を膨らませて何か落ち着かない。
なのでお金はズボンのポケットに裸のままジャラジャラと入れている。千円札
も1枚か2枚はポケットに小銭と一緒に入れているくらいで事が足りる。

ということは、いつも何百円の物しか買わないということだろうと思う。1年に
1回くらい5千円くらいの物を買うかもしれないので、この「お財布携帯」の出番
となる。去年の秋にスマホデビューしたときに入れたお金がそのままある。

わたしを旦那にすると、これほどしよい男もいないもんだ。そのわりには女房
は「不必要なものばかり多く家にあり、あれを何とかしてほしい。」というが・・・。
それは若い時に買い込んだ鉄工道具類だ。あれは財産なのではないかえー。

節目記念

190607書初め
平成、令和、そしてその中間の正月皆んなが寄ったときに書初めをした記念。

平成のときはばあちゃんも半身不随だったが元気だった。ベッドの上で書いた
ことを覚えている。よく書けたもんだ。女房がうちの中心みたいに堂々とした大
きな字である。このときは息子もまだ八歳だった。

真ん中は平成20年の正月姉弟孫たち全員がうちへ寄ったときの記念にと書い
たそのときの信条であるが、誰も上手ではないが、人生長年の記念になる。
娘の謙虚はそれとは裏腹に一番目立っているではないか。後ろの2枚は孫が
まだ0歳のときに書いた人生初の書初めである。当然だが意味不明。

下段はついこのあいだの書である。下の孫の年が10歳で、平成の時の父親よ
り2歳上である。時の移り変わりをしみじみ想う。上の孫は左利きで、見ていた
ら左手で筆を持つのは絶対間違いである。

全て名前と歳を明記しているが、読めなくて大変よかった。

今年も元気「オオヤマレンゲ」

150503オオヤマレンゲ咲き始める
ゴールデンウィークが終わったころから咲きだす「オオヤマレンゲ」とても高級な
お茶花として知られている。

咲き始めは卵のような感じで、ウズラより3倍ほど大きく、ニワトリの卵より1/3
くらいの大きさです。決して上向きには咲かずひたすら下向きに咲きます。

奥ゆかしさがお茶花に使われる所以ではないかと思います。もううちで30年
くらいにはなります。幼木も決して安いものではなかったのですが、2.5m/hに
なったいまは100個くらいの花をつけております。

でもこの花は一日花に近いもので、枯れ落ちるときは花びらが茶色になりなか
なか落ちません。それがちょっと不満が残る花です。

自動車免許の認知テスト

190522免許認知テスト
きょう自動車免許の認知テストに行ってきました。一番の難関はこれらの絵を
4つの絵が描かれたパネルを1分づつ4回に分けて見せられます。
それでそのつぎに何かの問題を一問解いたあと、さあこの16枚に書かれて
いた絵をすべて書いてくださいという問題になります。

1分づつ4回見せられてそのあと5分ほどたっていますので、そんなに全部お
ぼえているわけがありません。わたしは4つ思い出せませんでした。こんな面
倒くさい試験はもういやです。そんなことより運転の技術で勝負させてください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR